• saygo

ういた経費は他にまわそう


今回もHS BLOGに来ていただき、ありがとうございます(^0^)

毎週月曜は外部メンバーと軽〜く、打ち合わせをやっています。

朝一だったり、ランチ時だったり、その時々で場所や時間は違います。

今日の回で出た話題なのですが実は最近、お客様からのご相談でも

よく言われることと一緒だったんです。

っぽくない

Webサイトを創るときのツール、変わりつつあるねー。て話題の打ち合わせだったんですがお客様からも「WordPressぽくないサイトが欲しいんです」との言葉が最近よく耳にするようになってきました。(私達の周りだけかな f^^ ;)

数年前だとWordPressて、『猫も杓子も』状態で使われていたと思うのですが

今ではそうでもなくなってきましたよね。

他のCMSがたくさん出てきて、

それこそ謳い文句で【Webの知識がなくても作れる】と、キャッチがついています。

そんなだからお客様がCMSを選んでご自身で作ることが多いです!

それだけ表現の幅が広がってきているのでWordPressぽくない、という言葉が出てきていると思うんです。

作ると創る

正直、「あ、これWordPressのテンプレートそのまま」なんて思ってしまう、

Webサイトやホームページを見かけることがあります。

お客様って実はそういうところ、よく見ています。

これってテンプレートのままだよなー、てしっかりと見ています。

だからご自身で作られると思うのですが、

その後で困っているお客様がいることも事実です。

思ったように出来ない。とか、思ったような集客が出来ない。

そんなことからご相談いただくことが多いです。

作り直せない?といったご相談です。

当然、創り直させてもらうのですが、その“創る”という部分は今回は割愛して、

その“創った”後のことに今回は焦点をあてようかと思います。

お客目線

運用・活用にあたりどうしても

維持管理費がかかってくると思うのですがその費用って実は本当はすっごく安いんです。

ホストサーバーのサイトを見ても月額うん百円というところが多いと感じると思います。

なのに実際に制作会社に作ってもらうと月に数千円もしくは数万円かかり、

年額になおすと数万円〜十数万円になることが多いと思います。

でもそれって本当はその会社様の人件費や活動費も含まれていて本来の維持管理費ではない、と私達は思っています。

たしかに高い所は高性能なサーバーを利用していて凄く素晴らしいと思うのですが、便利なだけなものは要らない、必要最低限な機能だけでいいんじゃない?とも、思っています。

各会社様も大切なお客様のために時間や労力を費やして維持管理の手間をとっている訳だからその手間賃を費用と計上しても問題はないと思っています。

ただ、

自分たちが客の立場として制作依頼した時に「?」てなります。

サイトにうたってあるのにどうしてこの価格じゃないの?と。

自分たちでどうにか維持や管理が出来ないか考えます。

そんな時、必要なスキルや知識があれば良いのに、と思ってしまいます。

浮いた経費は他にまわそう

だから私たちは依頼をお受けして創る前にはっきりと申し上げています。

ご自身で運用された方がいいですよ。運用法が分からない時は、

リリース後3ヶ月は運用(維持管理)を無料でサポートしますよ!と。

(といっても、ホストサーバーに対して必要な維持管理費は絶対かかります。

 私達のところでは大体13,000〜22,000円/年くらいです)

それでも通常、というか相場よりは若干、安価なほうになると想っています。

その分、他のところに使えば良いと思っています。

設備投資や勉強会、接待費などにね(o^^o)

運用と運営のリンク

お客様ご自身で実際に運用すると、

どれくらいの方がホームページを見にきてくれているか。

どれくらいの時間をかけて見てくれているか。

どんなキーワードで検索してくれているか。

そんなことがご自身の目で確かめられるので誰に教わるわけでもなく、

マーケティングやプロモーションといった力(考え方)が身についていくのです!

もちろんリリース後に必要な運用ツールの導入サポートもしていますが、

私達のやり方ではそれも無料でやれています!!

ブランド構築というのは、

なかなか自分を客観的には見れないので私達のような専門家に任してほしいのですが、

運用や活用といったものは、マーケティングの一部分ではあるにせよ、

経験を積めば積むほど、独自のやり方が身についていき誰にも真似のできないもの(事業)に成長していきます。

それこそが事業を営むうえでの醍醐味であると私達は想っています。


専門家に任した方が安心。という声も聞きますが

Webサイトの運用・活用は本来の事業や会社の運営とひどくリンクしている分野だと

私達は感じています、

是非、一度ご自身で運用や活用をしてみてはいかがでしょうか?

(日置)

広告デザイン事務所 HS広告スタジオ

url : http://www.hscreativestudio.com/


©HS広告スタジオ All right Reserved. 2015-2020

HS広告スタジオ シンボルマーク
HS広告スタジオ ロゴマーク
america.jpg
japan.jpg
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル