top of page
  • 執筆者の写真kyo

Webサイト集客|誰でもできる集客方法と失敗しないコツを解説

更新日:3月25日


image-attracting-customers

Webサイトを上手に活用できるようになると、広告費を多くかけなくても集客ができるようになります。さらに売上拡大にも繋がります。コロナ禍以降、ネット集客の重要性がより高くなっています。


そのため、効果的なWebサイトでの集客方法と、集客に強いWebサイトの作り方を知っていることは非常に大きな武器となります。当記事では、Webサイト作成やWebサイト集客のポイントについて、誰でもできる方法をポイントごとに解説しています。



集客に強いWebサイトに大切なこと

Webサイト集客の最も大事な要素は、Webサイト運用における正しい分析と戦略です。Webサイトは様々な集客ツールと連携することができます。そして自社の魅力を打ち出すためには欠かせない存在となっています。しかし、インターネットをはじめとしたWeb環境は複雑化しており、集客に成功するには、様々なコンテンツへの理解が必要です。


集客方法は多々あり、どういった方法を活用するかを選ぶことも簡単です。かと言って、やみくもに手を付けることはお勧めできません。自社や商品/サービスにとって最も効果的な集客方法を行う必要があります。ここからはWebサイトへの集客に役立つ方法を7つ、紹介します。



連携すると効果的な集客方法

インターネット広告

インターネット検索や、インターネット上のメディアに広告を表示させて集客する方法です。ターゲットとする顧客層に、しっかりと見てもらうためにもペルソナをきちんと設定しておくことが必須となります。そして競合との入札制で料金が変わってくるため、広告出稿中は細かな効果測定が大切になります。


SEO対策

インターネットの検索結果に、Webサイトを表示させるための集客手法となります。自然なインターネット検索によるWebサイトへの誘導となるため、集客効果が高くWeb戦略では効果大の手法です。効果は非常に高いですが手間や時間が掛かること、Googleの仕組みを理解する必要があること、そしてWebリテラシーを理解していることが重要となります。そのため、プロに相談して対応してもらうことが最も多い範囲となります。


動画

YouTubeチャンネルの開設や動画広告を使って、Webサイトへ集客し、問い合せへと繋ぐ方法です。説明が必要な商品やサービスは、動画で伝えることで効果を非常に得やすい傾向にあります。動画の撮影・編集が可能なスマホが増えてきたため利用する企業が増え続けています。セミナー形式やHowToを伝える動画が反響を得られやすい傾向もあります。


SNS

instagram、X、facebookなど、コミュニケーションツールを使ってユーザーの反響を図ります。そして、Webサイトに掲載しているキャンペーンに繋いだり、商品/サービスの購入へと導きます。ここでぜひ覚えてほしいことは、実はSNSからの誘導はSEO対策にも繋がるため、積極的に行うといいでしょう。


自社コンテンツ

オウンドメディアとも呼ばれる、自社ブログやコラム記事などのコンテンツも作成し発信していきましょう。悩みを抱えていたり、探し物をしているユーザーに対して、有益となる情報を記事にすることが重要です。そして自社サイト上で公開することが必須となります。結果、自社の商品/サービスの認知拡大やイメージアップに繋がっていきます。


ダイレクトメール

メルマガの配布や、クーポンメールを使ったアプローチによる集客です。Webサイト上で打ち出すキャンペーン情報や、新商品などの案内を会員ユーザーに発信することで集客だけでなく、根強いファンへとなってくれることに大いに役立つ手法です。


チラシ・ポスティング

チラシやパンフレットの配布をしてWebサイトへ誘導する手法です。紙媒体による手法は地域集客にとても強いため、新規店舗の集客や、地域の潜在顧客の発掘にとても役立ちます。


他にも、展示会やセミナーなど、お客様に触れるイベントを開催することも有効です。触れることにより、商品/サービスへの関心だけでなく、自社への興味を大いに上げることに繋げやすくなります。

このように自社にあった手法を取り入れることで、Webサイトへの動線がクリアになり、広告費用をそれほどかけなくとも集客できるようになってきます。


web-creative-image

集客に強いWebサイト

集客に強いWebサイト、いわゆる失敗しないサイトにはいくつかの共通点があります。具体的な主な点は下記となります。


  1. ターゲットや目的が明確化されている

  2. オリジナリティが高く設定されている

  3. SEOが意識されている

  4. ユーザビリティの高いサイトになっている

  5. 最新のコンテンツが発信されている

  6. ソーシャルメディアと連携している

  7. スマホ対応されている


これらを意識して制作したり、リニューアルしたり、ブラッシュアップをすることで集客の効果を得やすくなります。一つずつ解説していきます。


ターゲットや目的が明確化されている

集客に強いWebサイトの多くは、ターゲットやゴールが明確化されています。「自社商品に興味を抱くのはどのようなユーザーか」を基準に、「どのようなWebサイトならターゲットユーザーに興味を持ってもらえるか」というゴールを導き出しています。漠然とWebサイトを制作しただけでは、集客効果は期待できません。


オリジナリティが高く設定されている

インターネット検索が当たり前になった今、自社サイトの運営はどの企業も行っています。自社サイトを制作し発信しているだけではユーザーの目に届かず、埋もれてしまう可能性が高いでしょう。自社サイトの強みを洗い出しライバル会社にはない魅力、オリジナリティをアピールするなど差別化を図る必要があります。


ユーザーは興味を持つ前に共感を得たがっています。共感を得て興味を持ちます。その共感を得てもらいやすい最も大切な要素が、自社独自のオリジナリティとなります。


SEOが意識されている

SEOは「検索エンジン最適化」と訳されます。GoogleやYahoo! などの検索結果で自社サイトを上位表示させる意味で使われることが多いです。SEO対策によってWebサイトが検索結果の上の方に表示されれば、クリック率向上(アクセス増加)に繋がります。


しかし、SEOで結果を出すためには専門知識が必要です。Webサイト運営に慣れていない方には難しいでしょう。Webサイト集客にSEOをしっかりと活用したい場合、プロに依頼することをお勧めします。


ユーザビリティの高いサイトになっている

ユーザビリティとは、Webサイトの使いやすさの指標です。Webサイトに対するユーザーの満足度が低いと顧客離れに繋がります。Web集客を強化するためにもユーザービリティを意識する必要があります。

「読みやすい文章を心がける」「ページの読み込み速度を上げる」など、ユーザーにストレスがかからないサイト設計を目指しましょう。


最新のコンテンツが発信されている

最新情報の発信に注力することも重要です。情報の発信頻度が低いだけでなく、情報の鮮度が低い企業の場合も、「本当に信頼できるのか」「もう活動していないんじゃないか」とユーザーに不安視されるリスクがあります。鮮度の低さは信頼性の低さに繋がります。そしてその低さは口コミとして広がり、以降の集客に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。


ソーシャルメディアと連携している

集客に強いWebサイトでは、ソーシャルメディア(SNS)を上手に連携しています。分かりやすい例として、飲食店があります。「インスタ映え」という言葉が表すとおり、メニュー写真の見せ方一つで新規顧客の獲得に繋がります。自社サイトのトップページにインスタアカウントを表示するだけでも、集客に強いWebサイトに一歩近づけるでしょう。


そして、ソーシャルメディアの多くは無料で開設できることも大きなメリットの一つです。


スマホ対応されている

ユーザーにストレスがかからないサイト設計を、と書いたとおり、スマートフォンで見たときの見やすさ・使いやすさも大きなポイントです。いまやインターネットを見るデバイスとしてはスマートフォンが使われることがほとんどです。10代~50代という幅広い世代においてすでにパソコンの使用率を超えています。


小さな画面での見やすさや使いやすさがWeb集客に大きな影響を与えることは確実です。文字は小さすぎないか、リンクボタンは押しやすい大きさか、読み込み速度が重くないか、といったポイントを、実際にスマートフォン上で確認するようにしましょう。


web-image-pic

集客の実効果の確認

Webサイトで集客する目的は、成果を上げることです。そのため、Webサイトへの集客ができた後、それが成果につながっているかを必ず調べましょう。アクセス数やページビューを見るだけで、成果の確認ができていないケースが非常に多いです。


成果となる実際の来店数や受注数、問い合せ数が増えたかを必ず調べましょう。アクセス解析は、自社サイトの現状確認ができるため、訪問者やコンバージョン(問い合せなどの目的への到達数)を増やすためにも有効です。


アクセス解析して問題点が見つかったら、ユーザーの動線を見直し、ユーザーにとって使いやすいWebサイト、コンバージョンの高いWebサイトとなるように改善をしていきます。アクセス解析からの改善は、仮説と検証が大切です。そのため手間と時間がかかります。そのため出来ていない競合は意外と多いでしょう。アクセス解析・分析は成果を実感しやすいポイントですので、しっかりと先手を打てるようになりましょう。



まとめ

Webサイト集客にはさまざまな方法があり、目的やターゲットに合わせて選定する必要があります。どのようにWeb集客を進めればいいのかわからない場合は、プロの専門家に相談するのがお勧めです。Web集客の施策をスムーズにしっかりと進めていけるのはもちろん、「社内にWeb集客の仕組みを作るための備え」にもなります。

今回の記事が参考になれば嬉しく思います。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


 

HS広告スタジオでは、Web集客などの成果が得やすくなるWebサイト制作を承っております。ぜひ専用ページを参考にご覧ください。



link-pic

Yorumlar


bottom of page