• saygo

アールマークデザインについて|四方良しとなるブランディング

こんにちは。HS広告スタジオの日置です。

今回もHS BLOGに来て頂き、ありがとうございます。



あらためて新しくスタートしたアールマークデザインについてご案内しようと想います。


ここ直近の弊所ブログでは「著作権」、「商標登録」といった法律的な内容が多いですが、私たちクリエイター/デザイナーにとって実はこれらの法律はとても重要なんです。


一生懸命に策定/作成した、お客様のロゴやネーミング、カラー等のブランドデザインがすでに他社が使用していたり、もしくは他社に(勝手に)使用されたり、そんなことがあれば、作ったクリエイター/デザイナーもショックだけど、お客様にも迷惑をかけることになります。


いわゆる著作権問題なのですが、この著作権問題を未然に、そして強力&確実に防ぐことが出来るのが「商標登録」といったことになります。


円の中に文字のRが入っているマークが商標登録を証明するマークとなります。





考えられるリスク


コンセプトがしっかりとされて、見た目(ビジュアル)のデザインも綺麗に整えられ見栄えもよく、ターゲティングも問題ない、優れたブランドデザインでも、商標登録されていなければ著作権問題に巻き込まれる可能性はあります。


もし本当に巻き込まれてしまっては、せっかくの素晴らしいビジネススタイルや事業形態が続けられなくなるかも知れません。


そうなってしまっては、それまでの努力や成果が水泡に帰してしまいます。


さらに積み上げてきたお客様からの信頼も無くなってしまいます。


そのような状況にならない為に、そしてしっかりと自社や事業のブランドを守り維持していく為にも商標登録は必要なことだと私たちは想っています。







結果、四方良しになる


冒頭で「私たちクリエイター/デザイナーにとって重要な法律」と書いたのも、もしこの商標登録の重要性を知っていれば、お客様に(デザイン的な)良い提案だけでなく、将来の展望までも提案が出来ますよね。


そして著作権問題、いわゆる「パクったパクってない」のような問題も起きることはありません。


そういったリスクマネジメントも僕たちクリエイティブに携わる人間は知っておくべきだと考えています。


自分たちもそうですが、ご縁を頂いたお客様の為にも知っておくべきだと考えています。


問題が起きなければ、僕たち創り手も売り手であるお客様も、買い手であるユーザも、そして市場といった環境も安心安全な状況が守れることになります。


これは僕たちの行動指針である『四方良し』に通じます。





ブランディングの本質


ブランディングは単純にイメージアップや価値の共有や、見た目(デザイン、ビジュアル等)の統一、だけではありません。


商品やサービスなどの、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、ことだけでもありません。


一言で言うと「安心感・信頼感を与え続ける」ことがブランディングです。


この商品なら、このサービスなら、この会社なら、といった安心感と信頼感をお客様に持ち続けてもらうことがブランディングの本質です。


ブランドイメージがお客様や市場に定着しても、著作権問題等に巻き込まれてしまっては、そのブランドイメージは信頼を失ってしまいます。


一度失ってしまった信頼を取り戻すことは至難の業です。


最初にしっかりと商標調査を行い、その調査に則って策定/作成されたブランドデザインで情報発信をしていくことが、本来のブランディングの姿になります。






今までにも多くのブランディングに携わってきていますが、これからはもっと確実に安心感を持って頂けるブランディングを、かなりお得な環境と価格にてご提案/提供、そしてサポートが出来る体制となりました。


どうぞこの機会に、どんなことでもご質問・ご相談ください。



最後までお読みくださり、ありがとうございます。


#アールマークデザイン #ブランディング #デザイン #四方良し #仕事の流儀 #リスクマネジメント #お客様

©HS広告スタジオ All right Reserved. 2015-2020

america.jpg
japan.jpg
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル