top of page
  • 執筆者の写真kyo

動画集客の方法と成果を得やすくなるコツをご紹介



集客の方法は様々あり、多岐にも渡ります。ポスターやチラシ、新聞や雑誌といった紙媒体を使った広告から始まり、ネットの普及と共に集客市場もWeb上へと拡大し、変化し続けています。そんなWebを使った集客の方法として今では、動画集客が最も注目を集めています。


しかし、いきなり動画集客と言っても具体的に何をすればいいのかわからない企業様がまだまだ多いのではないでしょうか。今回の記事では、動画集客の方法や成果を得やすくなるコツをご紹介します。



集客に動画がおすすめな理由

2020年に行われた動画広告の活用実態調査によると2020年時点で動画を活用していない企業はわずか11.6%。実に90%近くの企業が動画をビジネスに活用していることが分かります。


さらに、動画広告に最も期待する効果として次の3つがあります。

  • ブランド価値の向上

  • 認知向上

  • 勾配促進

これらの点から多くの企業が動画に大きな宣伝効果を期待していることが分かります。動画への投資は多くの企業にとって今や当たり前となっており、集客のためには動画広告は欠かせない存在にもなっています。



動画の集客効果とは

動画には様々な効果が期待できます。具体的に集客にどのような効果をもたらしてくれるのか?動画による集客の効果を4点、ピックアップしてご紹介します。


01. 認知拡大

最初に挙げられるのが自社のサービス/商品の認知拡大です。

ネット環境はもちろん、PCやスマートフォンといったデジタルデバイスの普及が進んだことによって、多種多様な場所や形で動画を配信することが可能です。

YouTubeなどの動画配信サービスだけでなく、XやInstagramといったSNSにも動画を掲載できます。そのため老若男女、幅広い層へのアプローチが可能です。


02. 理解度の得やすさ

自社サービスや商品への理解度を深めやすいという効果も期待できます。テキストや静止画の広告でもサービスや商品の紹介は可能です。しかし、動画であれば実際の商品を利用している映像を見せることができるため、まるで実際にその商品を手にしているような感覚でアピールすることが可能です。その結果、ユーザーの購買意欲が高まることに繋がります。


03. 高いタイムパフォーマンス

動画は使用する音やテロップなどによって、ユーザーに届けられる情報はテキストの約5000倍、静止画の7倍とも言われています。そのため、数秒の動画であっても多くの情報を提供できる利点があります。

特に若年層は、タイパ(タイムパフォーマンス)と呼ばれる時間効率を重視する傾向が高いです。そのため、短時間で多くの情報が伝わる動画広告は若年層との相性がとても良いと言えます。


04. 購買意欲の高まり

動画を活用することによって商品の購買意欲を高める効果が期待できます。特に、手にとって利用する商品のや身につける商品の場合、動画での広告や情報発信は使用法や使用後の体感をイメージしやすくなります。

そのため動画を観ることによってユーザー自身が、自分が使っている姿をイメージしやすく、購買意欲が高まる方向に導きやすくなります。




動画集客のメリット

動画を使った広告や集客において、特に注目すべきメリットを3つ、ご紹介します。


01. ターゲティングのしやすさ

動画広告の場合、ターゲットを絞り込みやすいというメリットがあります。

動画配信サービスやSNSは、ユーザーの属性は明確に異なります。そのため、ターゲットとなるユーザーが多く利用している媒体に動画を掲載することで、アピールしたいユーザー層向けの情報発信が可能となります。

さらに、ターゲット毎に合わせた動画の種類を揃えることで、より効果を高めることも可能です。


02. 商品/サービスの魅力が伝わりやすい

コンセプトや理念、商品イメージなどにストーリー性を持たせて動画を作成することで、ターゲットユーザーの印象に残りやすくなります。

  • 動き

  • 音(音楽)

  • テキスト

  • 視覚効果

動画にはこれら要素を取り入れることができるため、ターゲットユーザーの感情に強く印象を残すことができます。そのことにより、商品やサービスの魅力を伝わりやすくする効果が期待できます。さらに視覚効果によって、Webサイトなどの「滞在時間」を伸ばすことも可能です。そのため結果として、インパクトだけでなく短い時間で商品や企業のイメージを伝えることにも繋がっていきます。


03. SNSとの相性がよく、拡散されやすい

動画は多くのユーザーが集まるXやInstagramといったSNSや、YouTubeやTikTokといった動画配信サイトとの相性がいいという特徴があります。フォロワー数の多いユーザーにリポストやフォローされた場合、企業のWebサイトだけでは届けられなかった(見込み)ユーザーにも視聴される可能性も高くなります。



動画集客で成果を得やすくするコツ

動画集客を成功させるためには、観てほしいユーザー像を明確にすることが重要になります。ターゲットとなるユーザー層の属性などを具体的にピックアップしてペルソナの設定を行うことが大切です。


Web動画の場合、かなりユーザーを正確に絞り込むことができます。XやInstagramなどのSNS、YouTubeやTikTokなどの動画投稿サイトを利用しているユーザー層には明確な違いがあります。


InstagramやTikTokであれば若年層の、しかも女性ユーザーが多いサービスとなっています。そのため、若い女性がターゲットなのであればこれらのSNSや動画投稿サービスに広告を打つのが効果的です。YouTubeの場合だと、ユーザーの登録情報から特定の層に絞って広告を表示するといった対策も可能です。そのため、ターゲットユーザー層が明確であればあるほど、ピンポイントでターゲットにアプローチすることができます。


このようにコンパクトに広告を展開できることもあって、コスト削減効果も期待できるでしょう。



まとめ

動画(動画広告)はマーケティングの手法のひとつです。視覚と聴覚に訴えることができる有効なマーケティング手法です。高く解りやすい情報伝達力でユーザーの興味・関心をひき、購買意欲を促します。

さらにはSEO効果によるWebサイトへのアクセス数アップやSNS拡散により宣伝効果も十二分に期待できます。動画を使った集客に成功するためには、商品/サービスの魅力を明確に伝わる動画や、心に響く動画を制作するようにしましょう。

今回の記事があなたの参考になれば嬉しく思います。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


 

HS広告スタジオでは、お客さまの要望に沿った動画や映像の撮影・編集・制作をしております。ぜひ専用ページにてご覧ください。


link image


Comments


bottom of page