• saygo

新しい仕組み〜PayPay導入〜

最終更新: 2019年10月3日


こんにちは。HS広告スタジオの日置です。

今回も僕たちのブログ、HS BLOGに来て頂き、ありがとうございます。


僕の中ではすごく画期的なことを事務所に導入したんです。僕にとってはかなり画期的で「ITてすごいな!!!」と想わされました。


何を導入したのか?!




PayPay

それはスマホ決済です。

広告制作費のお支払いがスマホで出来る仕組みを事務所に導入しました。その名は、


PayPay

※ペイペイと読みます。


初期投資、月額固定費、決済手数料、入金手数料、等々一切合財の費用がかからないという大きな特徴があります。


これ以上、僕が詳しく書いても解りにくくなると想いますので公式サイト🔗よりご確認ください。


ただ今まで通りのお支払い(会計)に変更はありません。スマホ決済もできるようになったということです。


でも本当に便利ですよね、スマホ決済。QRやバーコードを読むだけですから。

その場でスッと会計が出来るんですから。



安全性と信頼性

中には「怖いよ」とか「個人データは大丈夫?」といった声が上がってくると想いますが、PayPayはヤフーとソフトバンクといった超巨大企業が共同提供していて、さらには既にIT大国のインドでサービスを展開していることから、システムやセキュリティは問題ないと僕は感じています。


今夏提供されたばかりにも関わらず既に飲食店や小売店、タクシー会社といった多くの企業が導入され、今後も導入予定の企業が多くあり、そういった側面から見ても僕は大丈夫かと考えています。




還元

そして先日参加したチャリティーイベントで実際に使って解ったことなのですが、「便利」だけではないメリットがあります。サービスを提供する側だけでなく支払いをする顧客ユーザーにも嬉しいメリットがあります。


会計額の0.5%分の金額が還元されます。


0.5%って少ない!と想われる方もいると想いますが、自分がお願いして支払ったにも関わらず代金が還元されるサービスや仕組みは他にないですよね!ポイントが付くのではなく、代金が還元されるんです。


調査不足でこのようなサービスが既にある場合、申し訳ありません。




安心管理

実際に弊社同様、制作は着手金をいただいてから制作スタートするところがあると想います。


このような場合、2回振り込まなければならないところ、最初の着手金をPayPayでスマホ決済すれば、振り込む手間が最初の1回は省けます。PCを開かなくて済むし手数料もかかりません。それに制作依頼を確定した時点で私たちが同席していれば、その場でPayPay決済をすれば、その時点から制作をスタートさせることになります。


ちゃんとスマホの画面で決済が出来たことが確認できるし、決済確認だけでなく、利用履歴や残高などをちゃんと観ることが出来ます。


カード払いをしていると実際にお金を手にして会計しているわけではないので支払っている感覚が薄いと想いますが、PayPayはその場で自分のお金(残高)の確認が出来るので無駄使いもなくなると想います。そういった点も、今までにない嬉しいシステムだと想います。





浸透していくのに、そして認知や理解をされていくのに時間はかかると想いますが、余分な手間が「売り手」にも「買い手」にもかからず、お互いにメリットが大きいスマホ決済は今後伸びていくと感じています。


ご興味ある方は弊社でもご説明させていただくので、ぜひご連絡ください!


#PayPay #スマホ決済 #新しい仕組み #IT #IT技術 #広告デザイン #Webデザイン #ブランディング

©HS広告スタジオ All right Reserved. 2015-2020

HS広告スタジオ シンボルマーク
HS広告スタジオ ロゴマーク
america.jpg
japan.jpg
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル